読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリバイカ日誌

フリーターでバイク乗りの些末な日常です

ヤマハ新型TMAX発表を記念してTMAX530についてまとめてみた。

ヤマハが新型TMAXを発表!!!!

まずはこちらの動画をごらんください。

 

www.youtube.com

 

……カッコイイ。これは最高。

 

TMAXをモデルチェンジし、2017年モデルとして2017年3月から欧州に導入するらしいんですよ(ネット情報)。新型TMAXは、ヤマハのスクーターでは始めての電子制御スロットル「YCC-T」を採用しました(ネット情報)。あとね。足回りでは、新設計のアルミ製リアアームを採用しています。40mmロング化し、駆動力変化に伴う対地姿勢を最適化。新設計のリンク式モノクロスサスペンションと組み合わせ、軽量ボディとの相乗効果で、自然な操舵感や優れた旋回性、素早い切り返しを楽しむことができる(ネット情報)。ワクワクですなぁ~これは。

 

というわけなのでね。

 

今回は新型TMAXの発売を記念して、そもそもTMAXってのはどんなバイクなのか説明したいと思います。

 

TMAXシリーズは2000年に登場!!
TMAXは2000年に登場したスポーツスクーターです。発売当時は、海外での販売のみだったんだけど、2001年(?)くらいに日本国内での販売が始まりました。長距離運転でも余裕のあるスクーターとして開発されたのがこのTMAXシリーズです。TMAXシリーズの特徴は、排気量が大きいこと。でもそれだけではないんです。利便性はそのままに、スポーツ走行などもこなせるっているところが特徴なんですね。つまり二刀流ですね。大谷翔平です。

 

すごすぎるスポーツモデルのTMAXシリーズ!!
スポーツモデルとしてスゴイんですよ。鍛造ピストンにメッキシリンダーを採用し、低重心化を図るためにシリンダーはほぼ水平に配置しています。あと、一般的なスクーターの場合だと、リアスイングアームにエンジンユニットを搭載するわけなんだけど、TMAXシリーズではダイヤモンドフレームに懸架し、リアの独立したスイングアームとなっているわけです。一般的なスクーターでは駆動側にドライブベルトを採用しているけれど、TMAXではさらに2次ドライブベルトも介してリアタイヤを駆動させているのです!それがすごいとこ!大谷翔平みたいだ!

 

TMAX530(2012年モデル)からABSを搭載!!

2012年に海外での販売が開始されたTMAX530。このTMAX530はATのSSと表現されることもあります。そんなTMAX530はABSモデル搭載モデル。低中回転域を重視したトルクフルなエンジン。そして前のモデルより30ccボアアップされた水冷並列2気筒エンジンは低中回転域を重視していて、それを受け止めるCVT機構も新設計となりました。これによりロスの少ない加速を実現。スクーターにおいて高出力なエンジンはドライブベルトやプーリーの負担になる場合が多いですが、TMAX530は冷却室を設けたり、変速レシオを変更するなどの対応をしているんです。それから、専用の湿式クラッチも大容量化し、ハイパワーな出力をロスなく伝えるための工夫もしています。……とにかくね。コレを満たしたら、こっちが不足するというのが普通なのに、全てを満たしたってわけですよ。ピッチングができてバッティングもできるって感じですね。まるで大谷翔平みたいだ。

 

TMAX530の新車価格は約100万!

さて。気になるのは金額ですよね。それが1番です。特に僕は欲しいバイクがたくさんあるのですが、お金があまりないので、お目当てのものが買えないという悩みを常に抱えています。TMAX530の価格は公式サイトによると……

メーカー希望小売価格

TMAX530 ABS(TMAX IRON MAX)
1,090,800円 [消費税8%含む] (本体価格 1,010,000円)
TMAX530 ABS
1,058,400円 [消費税8%含む] (本体価格 980,000円)
TMAX530

価格・仕様:TMAX530 - ヤマハ,YAMAHA,ビッグスクーター,スクーター,TMAX530,仕様,スペック,価格 | ヤマハ発動機株式会社

 

……こんな感じですね。約100万ちょっとです。この価格が高いか安いかは価値観の違いになるとは思うのですが、個人的にこのスペックでこの金額なら安いかなぁ~と(まぁ、買おうとは思わないけど)。しかも人気もある車種ですからね。ちなみに人気のバロメーターが知りたい場合は、買取金額をチェックすると1つの参考になります。買取金額が新車価格からそこまで落ちない場合(もちろん走行距離や年式も考慮してくださいね)は人気の高い車種と言えます。例えばこのTMAX530の場合……

 

f:id:asakouemon:20161130103839p:plain

買取実績
車種名:T-MAX530(SJ12J)
年式:2012年
車体色:つや消し黒
走行距離:1200㎞
程度:極上
カスタム:ノーマル
買取価格:80.0万円

車種別特集 ヤマハ T-MAX/TMAX530 | バイクワンブログ

 

80万円ですね。走行距離が少ないものの80万円という高額買取という実現しているということは、やはり人気車種ということになります。人気があるとえいば大谷翔平みたいですね。

 

優れたスペックのヤマハTMAX530!!

それではスペック情報です。特徴は530ccエンジンですね。これは低中速域から力強いトルクを発生します。また、優れた加速特性を引き出す新設計CVT。そして、軽量化と剛性バランスを向上させる新設計アルミ製リアアームなどが特徴として挙げられます。

 

◇主要スペック

型式 EBL-SJ12J

全長(mm) 2200 全幅(mm) 775
全高(mm) 1420/1475 ホイールベース(mm) 1580
シート高(mm) 800 最低地上高(mm) 125
乾燥重量(kg) 総重量(kg) 217
サスペンション形式(前) テレスコピック サスペンション形式(後) スイングアーム
キャスター角 25° トレール(mm) 92
ブレーキ形式(前) ダブルディスク ブレーキ形式(後) ディスク
タイヤサイズ(前) 120/70R15 M/C 56H タイヤサイズ(後) 160/60R15 M/C 67H

 

◇エンジン・トランスミッション

エンジン型式 J413E エンジン種類 水冷4ストロークDOHC4バルブ並列2気筒
総排気量 530 圧縮比(:1) 10.9
ボア(mm) 68 ストローク(mm) 73
最高出力(kW/rpm) 34(46PS)/6750 最大トルク(N・m/rpm) 52(5.3kgf・m)/5250
始動方式 セル 点火方式 フルトランジスタ
クラッチ形式 湿式多板自動遠心 変速機形式 Vベルト自動無段変速
燃料供給方式 インジェクション 潤滑方式 ドライサンプ
燃料タンク容量(L) 15 燃料消費率(km/L) 27(60km/h)

 

……以上です!!とまぁ、こんな感じで色々書いてきましたが、結局は公式サイトを見るのが1番ですよね。

 

TMAX530 - ヤマハ,YAMAHA,ビッグスクーター,スクーター,TMAX530,普通二輪,AT普通二輪 | ヤマハ発動機株式会社

 

興味があったら試乗してみてはいかがでしょうか?