読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリバイカ日誌

フリーターでバイク乗りの些末な日常です

真夜中レーザーガン

飛んでくぜ 飛んでくぜ

夜中に走るというのは気持ちがいい。

確かに視界は悪いんだけど、その分道が空いている。

夜の空気は夏でもひんやり冷たくて(冬場は死ぬほど寒いけど)、そこに自分が溶け込んだような気になる。

走っている車のライトが遠くなったり近くなったり。

暗くて距離感が掴めないものだから、段々と色んな感覚が麻痺してくる。

メーターを見ないと自分がどれくらいのスピードで走っているかもわからなくなって。

だけどスピードを上げた時のあのドキドキだけは変わらずに、暗闇の中でそのドキドキだけがはっきりしていて。

なんだか、生きているんだなぁという実感が持てる感じがする。

安全とはかけ離れている状態なのだから、そこで命を実感するのもおかしな話かもしれないけど。

いや、安全とかけ離れている状態だからこそ、命を実感できるのかもしれない。

今度また、夜中に走りに行こうと思う。

僕は生きているしそれ以外は何もわからないけど、それだけあれば十分だから。

それを実感しにいこう。